【初心者】ブログを開設して広告収入を得るやり方④(ワードプレスインストール編)

前回はレンタルサーバーを借りて、取得したドメインを設定まで行いました。

今回はサーバー内にブログの元となるワードプレスを設置して、ブログを表示させるまで進めていきます。

ワードプレスとは

word-press
ワードプレスとは無料で使えるブログシステム(CSM)です。

システムといっても、難しい言語などを知らなくても、簡単に使用する事ができます。

ブログシステムとはいっても、コーポレートサイトや掲示板サイト、ポータルサイトやLPページなど、様々なサイトを作成する事ができます。

全世界にあるサイトの4分の1のサイトがワードプレスのシステムを使用して作成されているとまで言われているので、汎用性が高く、日本でも一番メジャーなシステム(CMS)です。

ワードプレスの設置・設定【簡単インストール】

ワードプレスのシステムをサーバー内にアップする事によって使用する事ができます。

ワードプレスのシステムを設置

本当はサーバーに直接アップロードをして、データーベースの設定を行ってなどの作業が必要になってくるのですが、メジャーなシステムだけに、多くのレンタルサーバーでは簡単に設置ができるようになっています。

今回使用しているロリポップも【簡単インストール】項目があり、驚くほど簡単にワードプレスが設置できてしまいます。

rensaba14
ロリポップにログインをして、サイドメニューの【簡単インストール】の【Word Press】をクリックします。

rensaba16

インストール先URL

前回設定を行った独自ドメインを選択します。
※プルダウンに独自ドメインが表示されない場合はドメインの設定ができていませんので、先に設定を完了させていただください。

利用データーベース

【新規自動作成】を選択

Word Press設定

サイトタイトル:ブログのタイトルを記入
ユーザー名:半角英数字(管理画面ログイン時に使用)
パスワード:半角英数字で記入(管理画面ログイン時に使用)
パスワード(確認):同じパスワードをもう一度記入
メールアドレス:使用可能なメールアドレスを記入(パスワードを変更したりする時に使用)
プライバシーgoogleなどの検索に引っかかりたく無い場合はチェックを外す。

全部記入が完了したら【入力内容確認】をクリックします。

設定内容確認

rensaba17
入力内容確認画面に移動しますので、内容を確認して問題無いようであれば【承諾】にチェックを入れて【インストール】をクリックします。

インストール完了

rensaba18
これでインストールが完了しました。

rensaba18
【サイトURL】をクリックすると、ワードプレス初期ぺージが表示されると思います。

これでワードプレス設置が完了しました。
ワードプレスはもともとブログシステムですので、すぐにでも記事を書いて公開していく事も可能です。
次回は実際にワードプレスの管理画面にログインをして、ワードプレスの基本的な操作方法やブログを運営していく上で必要な設定やデザイン面の変更方法などを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク