【超簡単】エックスサーバー 無料独自SSLを使用してワードプレスサイトを全ページhttps化

今回はセキュリティー強化とgoogleさんの推薦もあり、ワードプレスサイトの全ページを独自sslでhttps化していきます。

これからはhttpsが主流になっていく傾向もありそうなので、今のうちに変更徐々に移行しておいても良いかと思います。

とは言っても独自SSLって高いんですよねー(-_-;) 年間数万円が相場でしょうか..

金額面の事もあって今まで二の足を踏んでいたいのですが、なんとエックスサーバーさんが無制限無料で独自sslを2016年7月から提供し始めました。|д゚)

なので早速そちらを使用してワードプレスサイトを全ページhttps化していきたいともいます。
⇓エックスサーバー⇓


まだエックスサーバーでドメインやワードプレスのインストールが完了していない方はこちらのページを参考にしてください。
【超簡単】エックスサーバー 独自ドメインでワードプレスをインストール

ワードプレスサイトをエックスサーバーにお引越ししたい方はこちらを参考にしてください。
移行前サーバーロリポップからエックスサーバーに移行して、全ページを独自SSL化する【移行前サバ―側作業】①

ワードプレスをエックスサーバーに移行して、全ページを独自SSL化する【エックスサーバー側作業】②

ドメインにssl設定

まずはドメインをhttpでもhttpsでも表示できるように設定を行って行きます。

xserver-wordpress-ssl02
サーバーパネルの【SSL設定】をクリックします。

xserver-wordpress-ssl04

https化したいドメインを選択します。

xserver-wordpress-ssl05

上タブの【独自SSL設定追加】を選んで独自https化したいドメインを選んで【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリックします。
サブドメインがある場合この画面で選ぶことができます。

xserver-wordpress-ssl01

反映には1時間くらいかかりますので、後ほど【https://ドメイン/】でアクセスできるか確認しましょう。
xserver-wordpress-ssl08
httpsの表示がでて、問題無くアクセスできればエックスサーバー側の設定は完了です。

013
鍵マークが表示されず、びっくりマークが表示されてしまったら(画像はgoogleクローム)何か問題があるので、解消していきます。

014

まず何が問題なのかを確認するたまに、ブラウザー上で【F12】を押してして、【Console】をクリックします。

そうすると問題のある箇所が表示されますので、その個所を修正していきます。

私の場合はウィジェットにテキスト記入していた画像のパスがhttp://になっていたので、そのパスをhttps://に変更したら解消されました。

大体はパスが原因の可能性が高いかと思います。

変更箇所が多い場合はプラグインの【Search Regex】を使用すれば一括でパスを変更する事ができます。

ワードプレス側でURLをhttpsに変更

ワードプレス管理画面にログインをします。

xserver-wordpress-ssl06

【設定】→【一般】をクリック。

xserver-wordpress-ssl07

WordPressアドレスとサイトアドレスを【http】から【https】に変更して下部の【変更を保存】をクリック。

ログイン画面い移動しますので、再度ログインをします。

httpからhttpsへリダイレクトさせる。

httpへのアクセスもhttpsのURLにリダイレクトしていきます。
googleクロームでドメインを打ち込むとhttpにアクセスしてしまうかと思いますが、この場合もhttpsの方にアクセスするようにしていきます。

ワードプレスがインストールされているFTPサーバ-にアクセスして上記コードを.htaccessファイルの最上部に挿入して、サーバーに上書きしましょう。を変更していきます。
xserver-wordpress-ssl09
.htaccessファイルの場所はドメインフォルダ/public_html/内にあります。
もしサブド名を使用している場合は、ドメインフォルダ/public_html/サブドメイン名フォルダ/内にあるかと思います。
エックスサーバーは電話サポートもありますので、技術面の対応はしてくれますが、場所位は教えてくれるかと思います。

上記コードを.htaccessファイルの最上部に挿入します。
※.htaccessファイルは重要なファイルですので、編集前にどこかに編集前のデータをバックアップしてから編集してください。
xserver-wordpress-ssl10
こんなコードになるかと思いますので、サーバーに上書きをしましょう。

上書きが完了したら、実際にブラウザーでhttpでURLを打ち込んでみましょう。
鍵マーク付きのhttpsにリダイレクトされれば完了です。

エックスサーバー独自ssl無料提供によって複数サイトを運用している方でも、コストを掛けずに全サイトhttps化も可能かと思います。
これからhttpsサイトが主流になってくる可能性もありそうで、今のうちに対応しておくのもいいかと思います。
⇓エックスサーバー⇓

まだエックスサーバーでドメインやワードプレスのインストールが完了していない方はこちらのページを参考にしてください。
【超簡単】エックスサーバー 独自ドメインでワードプレスをインストール

ワードプレスサイトをエックスサーバーにお引越ししたい方はこちらを参考にしてください。
移行前サーバーロリポップからエックスサーバーに移行して、全ページを独自SSL化する【移行前サバ―側作業】①

ワードプレスをエックスサーバーに移行して、全ページを独自SSL化する【エックスサーバー側作業】②

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク