【超簡単】エックスサーバー 独自ドメインでワードプレスをインストール

エックスサーバーで独自ドメインでワードプレスを設定したのでメモしておきます。
⇓エックスサーバー⇓


ドメイン設定

まずはワードプレスサイトで使用する独自ドメインを設定していきます。

エックスサーバー 独自ドメイン ワードプレス設定
エックスサーバーのサーバーパネルの【ドメイン設定】クリックしていきます。

xserver-wordpress02
【ドメイン追加設定】をクリック

xserver-wordpress03
取得済みのドメインを記入して【ドメイン追加(確認)】をクリック

xserver-wordpress04
ドメインに問題が無ければ【ドメイン追加(確定)】をクリック

xserver-wordpress06
独自ドメイン登録完了です。
ドメイン用のフォルダは自動で生成されるようですので、/home/office-gh/ドメイン名/public_html/の中にワードプレスを入れ込ンでいけばOKです。

※別会社で独自ドメインを取得した場合はネームサーバーの設定が必要になってきます。
予め取得したサイトの管理画面で、ネームサーバーをエックスサーバー指定のものに変更していただく必要があります。
ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

サブドメインの設定

独自ドメインでワードプレスサイトを設置する方は関係ないですが、サブドメインの設定方法も記載しておきます。

先ほどの独自ドメイン設定の下に【サブドメイン設定】がありますのでそちらをクリックします。

独自ドメインの時ト同じように【サブドメイン追加設定】をクリックします。

xserver-wordpress08
赤枠内に半角英数字又は【-】【.】を使用してサブドメインで使用したい文字列を記入して【サブドメイン追加(確認)】をクリックします。
サブドメインは反映までに半日ほどかかる場合がありますので、しばらく時間をおいてから先に進んでください。
※サブドメインはひとつのドメインを複数に分けて使用したいときなどに使用します。
(お好きな文字列).(ドメイン)←これがサブドメインになります。

ワードプレスをサーバーにインストール

エックスサーバーでは【自動インストール】サービスを提供していますので、あっという間にインストールを完了できてしまいます。

xserver-wordpress09
サーバーパネルの【自動インストール】をクリックします。

xserver-wordpress10
【プログラムのインストール】をクリック

xserver-wordpress11
WordPress日本語版【インストール設定】をクリック

xserver-wordpress12
必要事項を記入して【インストール(確認)】

xserver-wordpress14
インストール先URLやユーザー名等に問題がなければ【インストール(確定)】をクリックします。
※ここの情報はワードプレス管理画面にログインをする時などに使用しますので、キャプチャなどをして保存しておいてください。

xserver-wordpress15
これでインストール完了です。
早速ワードプレス管理画面からログインをして確認してみましょう。
管理画面ログインページのURLは【http://ドメイン名/wp-admin/】になります。

xserver-wordpress16
先ほど設定を下ユーザー名とパスワードを入力すればワードプレスの管理画面にログインができます。

これで自分だけの独自ドメインのワードプレスサイトの設置が完了です。
⇓エックスサーバー⇓


次回はエックスサーバーさんが無料提供を2016年7月より開始した独自SSLを使用して、ワードプレスのページを全部https対応していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク