楽天RMS 店舗内カテゴリをCSVで一括登録方法

店舗内のカテゴリー登録もはCSVで一括登録できますので、その方法をメモしておきます。

こちらは有料のFTPを使用してCSV更新を楽天に申請を行っていないと使用できません。
楽天RMS FTPソフトを使って 一括更新 一括アップロード 一括ダウンロード

カテゴリー用ファイルをダウンロード

まずはRMS管理画面からカテゴリ用のCSVファイルをダウンロードしてきます。

1-1【商品登録・更新】一括編集機能の【CSV更新(変更・削除)】をクリックします。

【商品一括編集機能】の【CSV更新(変更・削除)】をクリックします。

楽天RMS店舗内カテゴリ一括登録
CSVファイルのダウンロードページへ移動しますので、【カテゴリ更新フォーマットでダウンロード
】の【全商品】にチェックを入れて【CSVファイルダウンロード】をクリックします。

FTPでサーバーにアクセスして、ritem/downloadからcsvをダウンロードします。
※5~10分くらい反映するまで時間がかかる事があります。

CSVファイルを編集

csvファイルを開く7行あると思いますが、ここで必要の無い列を削除していきます。

削除する項目は【商品名】【優先度】【URL】になります。

削除をすると【コントロールカラム】【商品管理番号】【表示先カテゴリ】【1ページ複数形式】が残っていればOKです。

【コントロールカラム】には【n】を入れます。

【商品管理番号】はそのままでOKです。

【表示先カテゴリ】に行の商品のカテゴリ先を入力していきます。
入力方法はRMSで作成済みの店舗内カテゴリのタイトルを入力していきます。
下位カテゴリがある場合は【\】で区切って入力を行います。
手入力ですとミスが起きる可能性があるので、RMSよりコピーしてくる事も可能です。

csv-cat-rms02
コピー先はまず【商品登録・更新】の2番の【店舗内カテゴリ設定】をクリックします。

csv-cat-rms03
入力したいカテゴリにチェックを入れて【カテゴリ編集】をクリックします。

csv-cat-rms04
左上にカテゴリ名(下位カテゴリがある場合は\マークで区切られた)が表示されますので、そこをコピーして、CSVにペーストを行います。

【1ページ複数形式】は空欄でOKです。
csv-cat-rms05

もし複数カテゴリに1つの商品を登録したい場合は、その商品をコピーして1行追加をして【表示先カテゴリ】のみ編集すればOKです。
最大5カテゴリまでまたいで追加が可能です。

CSVファイルをアップロード

FTPソフトを使用してアップロードを行います。
FTPでのアップ方法等については下記の記事を参考にしてください。
楽天RMS FTPソフトを使って 一括更新 一括アップロード 一括ダウンロード

CSVのファイル名は【item-cat.csv】で保存をおこなってください。

ファイルが用意できたら、楽天アップロードサーバーの【ritem/batch】にアップロードします。

しばらくすると勝手にファイルを吸い込んで登録を行ってくれますので、しばらくしたら登録ができているか確認を行って完了です。

【logs】ファイルにエラー情報などのCSVファイルが飛んできますので、もし登録できていなかったら、そちらを確認してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク