移行前サーバーロリポップからエックスサーバーに移行して、全ページを独自SSL化する【移行前サバ―側作業】①

googleさんもhttps化を進めているのと、問い合わせを強化していきたいサイトがあるので、ちょっと移行とhttps化を進めていきたいと思います。

とはいってもコストパフォーマンスを考えると全サイトを移行するのは厳しいので、共有SSLじゃなくて、独自SSLを安価で提供しているサーバーさんを探していたら、エックスサーバーさんがどうやらそのよう物を提供していただので、エックスサーバーで試してみようと思います。
エックスサーバー

今回はロリポップサーバー内になるワードプレスサイトのお引越しをエックスサーバーに移行して、全ページをhttps化をしていきたいと思います。

Duplicatorでの作業が完了している方はこちら

ワードプレスのデータをDuplicatorでパッケージ化

どうやら【Duplicator】というプラグインが優秀らしいので、Duplicatorを使用して移行していきたいと思います。

Duplicatorワードプレス管理画面からダウンロード後有効化します。
サイドバーの【Duplicator】内の【packags】をクリックします。

ikou001
右上の【Create New】をクリックします。

ikou002
ん・・・・何やら早速エラーメッセージが・・・
用件を満たしていれば全て【Pass】になるはずですが、Server Supportのみ【Fail】になっています。

どうやらPHPのバージョンに問題があるらしく、PHPバージョンの更新が必要らしいので、ロリポップの管理画面から最新バージョンに変更して、15分ほど待ってからもう一度トライしたら、無事Passとなりました。
ロリポップ PHPバージョン変更

ikou004
無事全部Passになりましたら下部の【Next】がクリックできるようになりますので、クリックしてスキャンを開始します。

スキャンが完了後またまたエラーが…

ikou003
キャッシュデータがあると何やら遅くなって不具合を起こす可能性があるからね・・・消す場合は注意してね・・・・
的な感じなのですキャッシュファイルを消しちゃいます。
wp-content/cache/をFTPソフトで丸々削除しちゃいます。
一応ローカルでバックアップを取っておいてから削除してください。

削除後もう一度スキャンをすると無事Goodになりました。

と思ったらもう一つエラーが…【Name Checks】エラー…
ikou005
なにやらファイル名に問題があるらしいく、問題のあるパスを確認してみると、日本語名の画像があるもようw
この画像は使用していないので、サーバーから削除してしまい、もう一度【Rescan】をクリックして無事オール【Good】になりました。
全部Goodになりますと、最下部に【Build】ボタンがクリックできるようになりますので、そちらをクリックするとパッケージ作成が始まります。

ikou006
無事パッケージが完了すると、インストーラートアーカイブをダウンロードしてねと出ますので、両方ともダウンロードをします。

これでロリポップ側の設定というか、データ抽出は完了です。

次にエックスサーバー側にデータを入れ込んでいきたいと思います。

エックスサーバー側での設定方法はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク