【出店比較】ネットショッピングモール オークションサイトなどを比較

一からネットショップを構築して、自分の思い描いているECサイトを構築するのもいいとは思うのですが、山奥の道もないような所に店を出すようなものなので、オリジナルサイトの一番の弱点と言ってもいいのが集客面ではないでしょうか。

その集客面をはじめからある程度見込めるのがショッピングモールやオークションサイトのいい所だと思ます。 イオ〇モールや三〇アウトレットパークに出店するようなイメージですかねw

ネット上のショッピングモールも大小合わせれば色々あるので、その中でも有名な大手をまとめて、それぞれの特徴をまとめてみました。

楽天市場

出店費用 月々19,500円~100,000円(プランによって変動します。)
ライトプラン以外は1年契約なので、19,500円×12か月=234,000円
ライトプランのみ3か月契約ができます。39800円×3か月=119,400円
販売手数料  2%~6.5%(プラン、売り上げによって変動します。)

構築難易度 ★★★★☆
集客力   ★★★★☆
運用費   ★★★★☆

楽天市場の特徴

国内最大のショッピングモールだけあって、集客力はトップクラスです。
商材などにもよると思いますが、経験上ですが、しっかりサイトを構築すればオープンしてから早々にそれなりの売り上げは上げることができると思います。
月々のランニングコストも他と比べると高いだけあって、構築面や運用面等のサポートもしっかりしています。(電話での対応可能)
ただ構築面の難易度は少し独特な使用というのもあり少々高めです。
HTMLの知識がある程度ないと厳しいかもしれません。
HTMLの知識がなくても構築は可能なのですが、見た目をこだわる方は予め外注に頼む費用も考えておいた方がいいかもしれません。
※楽天の方ではHTMLに関する問い合わせは受け付けてくれません。
ほぼ楽天でしか買い物をしない楽天ユーザーを取り込むには、楽天市場でショップを開くしかないので、商材にもよりますが、売り上げを伸ばしていくには必須モールにはなってくるのではないかと思います。
基本的に楽天から他社サイトへの発リンクは禁止されています。 ※申請して通れば可能になることもあります。

楽天市場資料請求の詳細はこちら

楽天市場出店お申込みはこちら

ヤフオク

出品費用 Yahooプレミアム会員費用 月々380円(税抜)
ロイヤリティ 落札金額の5%
※自動車などは出品時に2880円(税抜)、ロイヤリティーはかかりません。

構築難易度 ★☆☆☆☆
集客力   ★★★★☆
運用費   ★★☆☆☆

ヤフオクの特徴

ネットオークションでは国内で圧倒的シェアを誇っているヤフオク 今後もしばらくはその地位は揺らがないと思われます。
ヤフオクはネットショップとは違い、入札によって金額を決めるシステムがありますので、売り手も買い手も思わぬ金額で買えたり売れたりするのが魅力の一つではないでしょうか。
購買意欲のあるユーザーは多いのですが、特定の店で買い物をするというよりも、なるべく安く購入したいという傾向が強い気がするので、売り上げを伸ばすにはある程度の商品数と低価格設定などが必要になってくるのではないかと思います。
個人出品の場合、以前は一つ出品することに10円費用がかかっていたのですが、2013年の大規模改正により無料で出品することができるようになったので、とりあえずネットで物を売ってみるという取っ掛かりとしてはとてもいいと思います。
自動車やバイク関係はヤフオクが非常に強いイメージがあります。

ストアとして出店する場合は、申請をして審査を通過すれば出店することができます。
ストアでは、一括出品や、お客さんとのやり取りをオーダーフォームで行うことができるようになるので、運用コストが軽減され、商品ページなどにバナーなどを張ることができるようになったり、細かな解析ができるようになるので、売り上げをしっかり上げていこうと思うなら、月々固定費用が無料になったのも含めストア出店をお勧めします。
ストア出店になると構築面での電話サポートが受けれるようになります。

ヤフオクのストア申請の審査は他のモールなどに比べると若干厳しめなイメージがありますので、もし通らなかった場合は、もう少し実績を積んでから再度申請が必要になります。

ヤフオクで出品をするには、個人もストアもYahoo!プレミアムの登録が必要になります。
個人出品の場合はYahooプレミアムのみの登録で出品できますが、ストアで出品する場合はストア申請が必要になります。

ヤフープレミアム登録はこちら→Yahoo!プレミアム
ヤフオクストア申請はこちら→ストア申請

ヤフーショッピング

出店費用 Yahooプレミアム会員費用 月々380円(税抜)
ロイヤリティ 無料

構築難易度 ★★★★☆
集客力   ★★☆☆☆
運用費   ★☆☆☆☆

Yahooショッピングの特徴

2013年10月より月額費用、販売手数料を完全無料化。
それ以前はオークションはYahoo、ショッピングモールは楽天というイメージでしたが、無料化以降出店数が爆発的に伸びているので、今現在はまだ楽天ほどの集客力はないですが今後が楽しみです。
無料といっても構築面のサポートも電話で対応してくれるので、そのあたりで質が落ちたとも感じません。
ただ出店数が伸びた分競争率も上がったので、それなりに工夫をしていかないと売り上げを伸ばすのは厳しいかもしれません。
完全無料は事実ですので、今後ネットで販売していくには必須のツールになってくるかもしれません。

Yahooショッピングに出店するにはYahoo!プレミアムの登録が必要になってきます。
まだ登録されてない方は先に登録をしてから申請を行いましょう。

ヤフープレミアム申し込みはこちら→Yahoo!プレミアム
ヤフーショッピング出店申請はこちら

アマゾン

出店費用 商品1点に対して100円の小口プランか月額4900円の大口プラン
販売手数料 売り上げの8%~45%(販売している商材によって変動してきます。)

構築難易度 ★★☆☆☆
集客力   ★★★★☆
運用費   ★★★☆☆

アマゾンの特徴

世界規模で考えますと圧倒的なシャアを誇る巨大ショッピングモール。
一昔前はアマゾンといえば書籍というイメージが強かったですが、今ではありとあらゆる商品を販売していますので、ほぼオールジャンル販売可能になっています。
アマゾンの特徴の一つに当日発送便(プライム商品)というものがあります。
これは注文した当日にお客さんの手元に荷物が届くというものなのですが、これは大口出店していて、amazonの倉庫に前もって納品を行っておけばプライム商品として出品できます。(FBA)
商品をアマゾンに預けて売れた商品をアマゾン側で決済・梱包・発送まで行ってくれます。
構築面は商品の写真と必要なテキストを入力するだけですので(逆にこったサイトが作れないようになっています)構築面は他のモールに比べると非常に楽だと思います。
既にAmazonで販売しされている商品の場合は同じ商品ページ内で販売をするので、画像や商品説明文の登録すらいりません。

デメリットは販売手数料(ロイヤリティー)が高いのと、申請関係は結構手間がかかることがあります。
他のセラーさんと同じ商品を販売する場合は、同じ商品ページでの販売となりますので、単純に価格勝負となってしまい、安値合戦に陥る事が多いです。

アマゾン出店申請はこちら

ショッピングモールやオークションサイトによって色々なメリットデメリットがありますが、もしうまく収益が上がっていけば最終的には全部に出店して、さらに売り上げを上げていくことになると思いますので、いずれは全部に出店するつもりで、あらかじめ運用方法や利益率を考えておくのもいいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク