中国に行ってネットショップで販売する商品を仕入れる【タクシー編】

何かと違う中国タクシー事情

中国に買い付けを行くと何かとタクシーを利用する事になると思いますが、日本とは何かと勝手が違うので、注意点やコツなどをまとめてみたいと思います。

タクシーはタクシー乗り場で!

空港に付きタクシー乗り場に向かう途中にやたら声をかけてくると思います。

見知らぬおじちゃん「タクシー?ヘイッタクシー??」

こんな感じでおじちゃんが話しかけてくると思うのですが、断固として無視しましょう。
私は前もって声をかけてくる人のタクシーに乗るなと聞いていたので、一度も乗ったことがないのですが、噂だとぼったくられたり、下手すると目的地に到着しないなんてこともあるとかないとか、、、
日本でいう白タクみたいなものなので、空港にはタクシー乗り場が必ずあるはずですので、そちらを利用しましょう。
(ちなみに自動ドアではないので自分で開けましょうw)

トランクに荷物を積むと別料金発生!?

仕入旅行は何かと荷物が多くなり、タクシーのトランクを使うことも多々あると思うのですが、トランクを使用する2元ほど追加で取られるので社内に収まる荷物であるのであればなるべく社内に積み込んじゃいましょう。
ちなみにトランクを使用するときはトランクの前に行きトランクを手で叩けばあけてくれます。
積み込みは手伝ってくれたりくれなかったりれなかったりしますw

運転がとにかく荒い。

日本が良すぎるのかもしれませんが、運転手にもよりますがとにかく荒いです。

「そのタイタイミングで割り込むかぁ」

など冷や冷やする場面に一度は遭遇するかと思います。
安全のためシートベルトは確実に締める事をお勧めします。
(ちなみに私は一度タクシーで事故ってます 笑)

夕方はタクシー拾い戦争!?

帰宅ラッシュ時のタクシー拾いはとにかく大変です。

文化の違いもありますが中国の方々は「われ先にわれ先に」と手を挙げている前に堂々と割り込んでくるので、謙虚な日本人には少し厳しい戦いになると思います。
コツとしては、なるべくタクシー拾いをしている人が少ない通りに移動して、そこで気長に拾えるまで頑張るのがいいかと思います。

外国人は敬遠されがちなのでとりあえず乗っちゃいましょう。

やっとつかまっても窓越しに日本語や英語でここに行ってほしいと伝えると、結構断られることが多いので、とりあえず乗っちゃいましょう。
それから社内でしっかり目的地を説明すればそうそう降りてくれとは言われないと思います。

観光本を持ったまま乗車するとカモられる!?

これは私の経験上ですが、観光本などをもって乗車すると結構な確率でぼったくられます。

経験談を一つお話ししますと、宿泊先のホテルのタクシー乗り場からタクシーに乗車して、観光本に書いてある目的地の駅を指さし、

私「ここまでお願いします。」

運転手「OK、OK!」

しかし私は走り始めてすぐにこれはぼったくられるなと気づきました。
なぜかというと、中国のタクシーは客が乗車して走り出すとダッシュボードについている空車を知らせるレバーを下してそこからメーターが動き始めるのですが、その時はレバーを下げずにはじり始めたからです。

私「うわ~ 絶対ぼったくられるわ~・・」

いつもはその駅のタクシー乗り場で降ろされるのですが、その時は駅の近くの裏路地で停車されて15元くらいで済むところを

運転手「(中国語)50元になります。」

3 4倍ふかっけられました。笑
私も若かったので日本語であーだーこーだと応戦して、

運転手「じゃあ40元…30元でどうだ」

最終的に30元になったところで100元投げつけてそのまま出ていきました。
今考えると夜中に日本人1人日本語で罵声を浴びせてたと思うと少々ぞっとします。

後から聞いた話だと仲間を呼ばれてぼこぼこにされててもおかしくなかったと聞いたので、もし大した額でなければそのまま払って素直にそくささと退出することをお勧めします。

宿泊先のホテル名は中国語で書いてもらって持っておく

タクシーの運転手には日本語はもちろん英語も通じないので、ホテル名を伝えてもわかってもらなく、英語や和製漢字などの文字で説明してもわかってもらえないことが多いので、予めホテルの人にホテル名と住所を中国語で書いてもらい、そのメモを常に持ち歩いておく事をお勧めします。

禁煙だけど禁煙じゃない!?

タバコを吸わない人はあまり関係ないと思いますが、最近の中国のタクシーは禁煙マークが張られていてもちろん禁煙なのですが、どうしても吸いたいなぁと場合は聞いてみましょう。
経験上50%くらいの確率でOKていわれます。笑
特に運転席にタバコが置いてある場合はさらに高い確率で了承が得られます。
ちなみに私は中国語がしゃべれないので、了承を得るときは煙草を吸うふりをしながら

「スモーキングオーケー?」

と連発して了承を得ます。
たまに便乗して運転手まで吸い始める場合もあります。笑

タクシー編でも結構な量になりましたは細かく上げればもう少し書き足したいのですが、それはまた別の機会にでも書きたいと思います。

今回もささっと書いたので、誤字脱字があるかもしれませんが大目に見てやってください。。。 次回は買い付け編でも書きたいと思います。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク