naverまとめが報奨制度を改正! !どう変わった!?

まとめサイト最大手naverまとめサイトの報奨制度が大きく変更になったようなので、どう変わったのかを調べてみました。

naverまとめは、誰でも簡単にまとめ記事が作成できるようにまとめ記事を作成するツールが揃っていて、作成した記事評価によって2013年1月より報奨金が受け取る事ができるようになっています。

その報奨制度が2014年9月1日から変更になったようです。

改正の理由

現行の奨励制度は2013年1月より開始いたしましたが、高い成果を上げ続けることができるトップ作成者であっても奨励制度の適用を維持することが徐々に難しくなるなど、長期的な継続性についての課題が明らかになってきました。
 
一方で、現行の奨励制度の対象になるためには最低でも3ヶ月以上にわたって高い成果をあげ続ける必要があるため、短期的に極めて優れた成果があったとしても、それを評価に反映できないという課題がありました。
 
そのような背景を受け、「NAVERまとめ」では9月1日より、奨励制度の枠組みを大幅に刷新することにいたしました。新しい奨励制度では、現行制度の制約を見直すとともに、原資を拡大し、優秀なまとめ作成者の皆さんへの支援をさらに拡充していきます。

用は今までより継続的に報奨金を受け取ることができ、記事の作成を始めてから、短期で報奨金を受け取ることができるようになった模様です。

具体的な変更点

自己ベスト制度を撤廃

今までは継続的に報奨金を受け取るためには、アクセス数などを毎月自己ベストを更新していく必要がありました、これではサイトを作成すればするほど管理が厳しくなっていき、いつか物理的に無理になってします制度だったので、この制度は撤廃になったようです。

新規ユーザーでも高レートの即時適用

いままでは奨励金を受け取るまでには最低でも半年の期間が必要でしたが、新制度では、優秀な成果を即時に評価して奨励金を受け取ることができるようです。
新制度はまとめを作り始めた月からでもすぐに奨励対象となり、最短で3ヶ月以内に奨励金を受け取ることができるようになったようです。

ポイント評価制度の変更

今までは当月の報奨ポイントを対象に評価をしていましたが、改正後は直近60日の報奨ポイントで評価をしていくようです。
評価時期を延ばすことで前より安定した評価で、報奨金の受け取りが可能になるのではないかと思います。

ランクにより報奨金の掛け率が変わる

評価に対してそれぞれのユーザーにランクが付きます。
そのランクによる掛け率で報奨金が決定します。
ランクによる掛け率は下記の画像をご参考ください。

報奨金制度をはじめて1年半で合計4億円を支払ってきたらしいのですが、今後は報奨金の原資自体も増やしていくらしいので、今までよりかやりがいも出てくるのではないでしょうか?

しかし評価ポイントの付与条件がはっきりしていないので、付与条件が厳しいようでは、副業として継続的に行っていくのは厳しいのでとも思います。

ただHTMLやCSSを使用しなくてもそれなりの記事が簡単に作成できるので、初心者さんには取っ掛かりとしても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク