ヤフーショッピング カテゴリ階層を増やしてユーザービリティを上げる。

商品を細かく分類することによってお客さんにお目当ての商品まで分りやすく誘導することができます。
Aというカテゴリページの商品数が増えてきて見づらくなってきた時に、さらにその中でカテゴリ分けすることにで、お客さんにわかりやすく商品まで誘導する事ができます。

この設定を繰り返せば一つの商品をいくらでも任意のカテゴリに表示することができます

ストアークリエイターProトップページから【ページ編集】をクリック

左カラムのサイトマップから階層を増やしたいカテゴリを選択して下部の【カテゴリページ作成】をクリック

カテゴリページ編集画面では色々と細かい設定ができるのですが、とりあえずはカテゴリ名のみで反映しますので、カテゴリ名を記入して下部の【更新】をクリックします。

サイトマップのフォルダの左に【+】がついたと思いますので【+】をクリックすると
作成したカテゴリが出てきます。

次は元のカテゴリと下のカテゴリ両方に商品を反映させるための設定を行っていきます。
商品管理のサイトマップから、新しく作成したカテゴリに反映させたい商品データが入っているフォルダを選択して、反映したい用品を選択して下部の【リンク】をクリックします

リンク先カテゴリ選択ページで反映させたいカテゴリを選択して【確認】をクリックします。

商品データと反映させるカテゴリが間違いなけれが【更新】をクリックして完了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク